工事情報共有システム(ASP)データの取り込み機能の追加

CALS Manager 7.0の最新バージョン(製品版 Ver.7.0.472 / フリー版 Ver.7.0.471)より工事情報共有システム(ASP)データの取り込みが可能です。

工事情報共有システム(ASP)上に登録された打ち合わせ簿や施工計画書資料等を電子納品形式で出力したものをCALS Manager 7.0に取り込めます。

工事情報共有システム(ASP)上で入力した情報を再入力する必要がなくなるため、電子成果品作成にかかる作業効率がアップします。

工事情報共有システム(ASP)からの出力データ取り込み機能説明

取り込み可能なデータ

  • 打ち合わせ簿ファイル(MEETフォルダ)
  • 施工計画書ファイル(PLANフォルダ)
  • その他資料ファイル(OTHRSフォルダ)

※上記データを取り込むためにはCALS Manager 7.0上で工事データの作成が必要です。

※本機能は選択されている要領基準/フォルダ構成によっては使用できない場合がございます。

「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件」に対応している工事情報共有システム(ASP)から出力された電子納品形式のデータに対応しています。

情報共有システムに関する詳しい情報は「国土交通省 電子納品ホームページ」をご覧ください。

http://www.cals-ed.go.jp/jouhoukyouyuu_rev20/

http://www.cals-ed.go.jp/jouhoukyouyuu_taiou/