データチェック

入力データを自動修正

CALS Manager 7.0|入力データを自動修正 入力したデータに要領・基準で定められた利用禁止文字が含まれていた場合に、その場で代替文字に自動修正することが可能です。

データチェック

CALS Manager 7.0|データチェック 納品ディスク作成前、及び作業後にデータ内容が要領・基準に準拠しているかチェックすることが可能です。
 
CALS Manager 7.0|データチェック内容の設定 チェックする内容をユーザー定義で設定することができます。 要領・基準に準拠したチェックを行ないながら、一部だけ独自にカスタマイズした設定でチェックすることも可能です。

結果一覧からエラー箇所へジャンプ

CALS Manager 7.0|結果一覧からエラー箇所へジャンプ チェックの結果、エラーが発見された場合は、エラー箇所とエラー内容がリスト表示されます。
ジャンプ機能がついているので、リストからエラー箇所を表示して訂正することが可能です。