工事写真レイヤ化(SVG)に対応

写真ファイルとしてSVGファイルの閲覧・電子納品に対応しました。
レイヤ切り替えにより、電子小黒板や注釈(マーカーや手書き文字等)の表示・非表示設定も可能です。

※ SVGは国土交通省デジタル写真管理情報基準(令和2年3月版)の改定により、利用可能となった形式です。
※ 公共工事でのご利用にあたりましては、発注機関様と協議・承認のうえご利用ください。

工事写真のレイヤ化について

レイヤとは透明なシートのようなもので、絵や文字などを描いて重ねることにより1枚の画像として表示できます。
工事写真をレイヤ化すると、撮影した写真の上に電子小黒板や注釈を重ねて表示することが可能になります。
このレイヤ化した工事写真は、1つのSVGファイルとして保存されます。

 ※ SVGはベクタ形式の画像フォーマットの一種で、XMLで記述されるデータです。

注釈を「電子小黒板 PhotoManager」で編集

携帯端末向けアプリ「電子小黒板 PhotoManager」で、SVG形式で撮影した写真の注釈を編集可能です。
注釈は鉄筋位置や間隔、メモ等を写真の上に絵を描くような操作で追加できます。

 ※ SVG形式で撮影した写真のみ、注釈の編集が可能です。
 ※ SVG形式での撮影及び注釈の編集は、「PhotoManager 17 AI」「PhotoManager 17」製品版ライセンスをお持ちのユーザー様のみご利用可能です。

SVGファイルの編集の流れ

PhotoManager 17

①SVG形式で写真を撮影

「電子小黒板 PhotoManager」にて、SVG形式で写真を撮影します。
SVG形式で撮影する場合は、アプリの【設定】>【写真の保存形式】にて【JPEG+レイヤ化写真(SVG)】を選択します。
 
PhotoManager 17

②編集画面にてSVG形式の写真を編集

撮影後の写真編集画面内で、鉄筋位置や間隔等の注釈を追加します。
直線や点、手書きの自由描画等も可能です。

※ 撮影後の電子小黒板の内容は編集不可です。
 
PhotoManager 17

③PhotoManagerに取り込んで表示・整理

編集したSVG形式の写真をPhotoManagerに取り込みます。
SVG形式の写真は、レイヤの切り替え表示が可能です。

表示レイヤの切り替え機能

「電子小黒板 PhotoManager」にて撮影したSVG形式の写真を取り込み、写真情報画面にて表示レイヤを切り替えて 確認することができます。