レイヤ化の活用で業務を円滑に!

レイヤ化の活用で業務を円滑に!

工事写真のレイヤ化について

レイヤとは透明なシートのようなもので、絵や文字などを描いて重ねることにより1枚の画像として表示できます。
工事写真をレイヤ化すると、撮影した写真の上に電子小黒板や注釈を重ねて表示することが可能になります。
このレイヤ化した工事写真は、1つのSVGファイルとして保存されます。

 ※ SVGはベクタ形式の画像フォーマットの一種で、XMLで記述されるデータです。
 ※ SVGは国土交通省デジタル写真管理情報基準(令和2年3月版)の改定により、利用可能となった形式です。

レイヤ化写真の活用方法

注釈追加 表示切替 配筋検査 改ざん検知

撮影した写真にマークやメモを追加

SVG形式で写真を撮影するだけで、マーカーや文字入力等 様々な注釈を追加可能。
また追加した内容は削除も可能です。

黒板 表示 / 非表示を簡単に切り替え

工事写真の上に画像を重ねて表示しているため、
ボタン一つで、追加した黒板や注釈(マーカーやメモ等)を表示切替が可能。

配筋検査写真の撮影に活用

撮影した工事写真に対して、スマートフォンやタブレット上で電子小黒板やマーカー等の注釈を追加。
従来の鉄筋検査写真の撮影で使用していた工事黒板や、物理マーカーの設置は不要になります。

改ざん検知にも対応

SVG対応版についても J-COMCIA 実施の信ぴょう性確認(改ざん検知機能)に対応。
デジタル工事写真の小黒板情報電子化が認められている現場では従来通り、ご利用いただけます。