東京都の電子納品に対応

フォルダ・ファイル名の命名規則に対応

CALS Manager 6.0|フォルダ・ファイル名称の命名規則に対応

東京都のガイドラインを選択すると、作成されるフォルダがガイドラインに沿って表示されます。

また、納品データを出力すると、ガイドラインの命名規則に従ってフォルダ・ファイル名が作成、変更されます。

各項目の一覧ファイルを自動で出力

CALS Manager 6.0|各項目管理のための一覧ファイルを自動で出力

図面管理、施工管理資料一覧といった各書類の一覧ファイルは、納品データの出力の際に自動で作成されます。

データチェック機能

作成したデータがガイドラインに沿って作成されているか、簡易的なデータチェックを行うことができます。

さらに、ファイル形式やファイル名の文字規則は、作業中リアルタイムでチェックされます。

保管管理ZIPフォルダを自動で作成

CALS Manager 6.0|提出データ作成時に保管管理ZIPフォルダを自動で作成

納品データを出力すると、各フォルダの情報を元に保管管理ZIPフォルダが自動で作成されます。

※使用するには本体の他に、「東京都土木要領基準(H27.4版)」(有料)が必要です。