ENTRY
会社を知る

COMPANY

「無いものは自分で作るしかない」
「どうせやるなら日本を代表する
建設関連企業になろう」
そう考えてワイズを作りました。

今から30年弱前に建設会社に入社した際に感じたのは「あれ?パソコンが全然ない」ということでした。

当時大学の研究室では、計算用として大型コンピューター、図を作る作業などはパソコンといった使い方をされていましたが、施工現場では関数電卓やポケットコンピューターしか存在しなかったのです。
当時は品質・出来形管理に必須の「グラフ」レベルの作業も、手書きするか自ら簡易なシステムを組んで表現する時代でした。今のように表計算ソフトが主流でなくグラフ作成機能もついていません。
また、バブル期の後半だったので、ちょうど今と同じように仕事はたくさんあっても人が足りず、残業や休日出勤が当たり前の時代でした。

建設業は目に見えて社会のお役に立てる仕事なので当時も大好きでしたが、その頃は私もまだ遊びたい時期でした。

「どうしてこんな簡単なことを手でやらなくちゃいけないんだ」
「字が汚いから美しい書類を作れない」
「早く終わらせて帰りたい」

と、残業しながら強く思っていました。

そんな頃に作り始めたのが今のシステムの原型です。
私の手作りレベルの簡易システムでも、「おっ、それ便利そうだな 僕にも使わせてくれ」とか「お前に頼むと綺麗な書類が早くできる」と褒めていただくうちに、「皆さんにこんなに喜んでもらえるなら、建設業界に無いシステムは自分で作るしかない」と考えて設立したのがワイズです。

現在はIoTやAIによって自ら入力する必要すら無くなりつつありますが、今後も創業の精神を忘れずに、時代にあったお客様に喜んで頂ける良いシステムを作り続けていきたいと思います。
我々は、社員同士が共に助け合って成長し幸せになることを通して、社会に役立ちなくてはならない存在となり、日本を代表する建設関連企業になりたいと思います。

良い仕事をすることで社会に役立ちたい、自己実現することで良い人生を送りたいと考えている、真摯で一生懸命な皆さんをお待ちしています。


株式会社ワイズ
代表取締役社長 福澤直樹

他にはない発想力で全国トップシェア

建設技術者の業務効率化に貢献するソフトウェアを開発。「工事写真管理システム」は、建設系ソフトウェアは50万円以上が当たり前の頃、「もっと手軽に使えるソフトウェアが必要」という声から自社開発され、1年間は無料、購入しても1万円以下という値段で発表。センセーショナルなスタイルが今でも多くの技術者に受け入れられています。他には真似ができない発想力と、それを形にできる技術力が認められ、全国トップシェアです。

確かな技術力で地元自治体に貢献

当社の強みである技術力は、自社だけで一から開発を行う体制と、職種を超えたチームで開発にあたる環境で磨いてきました。お客様の要望に応え、納期までとことんこだわります。こうした開発体制と環境で培われた技術力が認められ、主力商品である「GPS 除雪管理システム」が、長野県などの自治体に採用されています。

コミュニケーション重視で民間分析機関受付実績全国No.1

仕事をするうえで一番大切にしているのはお客様とのコミュニケーション。当社の営業の仕事は、お客様の困りごとのヒアリングや、お客様に役立つ情報をお届けすることです。ノルマがないのは、「ものを売る」より「お客様と話すこと」を大切にしてほしいから。コミュニケーション重視の営業がお客様との信頼構築に繋がり、経営状況分析のシェアは30%を超え、毎年4万7,000件超の申請を頂いています。民間分析機関受付実績では全国No.1です。

SYSTEM

CONTACT