2016/06/29 電子申請支援システム 操作研修会(基礎編:主要機能、応用編:デザイン機能等)を開催 【東京会場】

平成28年6月28日 東京駅近くの蘭免んビルにて、弊社の書類作成ソフト
「電子申請支援システム 建設業統合版」の操作研修会を開催しました。

日頃より弊社の書類作成ソフト「電子申請支援システム 建設業統合版」をご利用いただき
ありがとうございます。

この度、これから弊社のソフトのご利用を検討いただいている方、また、現在ご利用いただいている
皆さまに、さらに便利にソフトをご利用いただけるように、一連の操作を説明させていただく研修会を
開催致しました。
操作研修会につきまして、定員を大きく上回る皆さまよりお申込みいただきありがとうございました。

研修会は、午前と午後の二部構成となっており、(株)ワイズ 営業部 丸山 匠より操作説明を
させていただきました。


(株)ワイズ 営業部 丸山 匠

午前の部は基礎編として、顧客の登録から、財務諸表・経審書類の作成、経審シミュレーションなどの
主要機能の紹介を実際に操作していただきながら説明させていただきました。


「電子申請支援システム 建設業統合版」では、
経審シミュレーション、ワイズ公共データシステムへの経営状況分析電子申請機能のほか、
建設業許可・経審申請にかかる申請書類を都道府県独自の様式で作成・印刷していただけます。


決算書入力 操作画面

経審シミュレーション 操作画面

午後の部は応用編として、すでにソフトをお使いいただいている皆さま向けに、
デザイン機能を用いた新しい書式の作成や、請求管理機能での見積書や請求書の作成など、
便利な機能を中心に、実際に操作していただきながら説明させていただきました。


<デザイン機能>
デザイン機能は、文字書式や文字位置などを自由に設定し、お客様の好みに合わせた書式で
印刷を行なうことができる機能です。
またこの機能を用いることにより、書式を新規で作成することもできます。


デザイン機能 操作画面


ご参加いただいた先生方におかれましては、熱心にご聴講いただきました。

「電子申請支援システム 建設業統合版」は、初回インストールから1年間は無償で
ご利用いただける書類作成システムで、翌年以降も、ワイズ公共データシステムへの年間3件以上の
経営状況分析ご申請により、無償でご利用いただけます。
平成28年6月施行の最新の法定様式に対応しております。
ご質問、ご不明点については、お気軽にサポートダイヤル(026-266-0792)まで
お問い合わせください。

研修会は、東京の玄関口とも言える東京駅近くにある蘭免んビルで開催いたしました。
東京駅は、全国の新幹線網における最大の拠点であり、東海道本線や東北本線など
主要幹線でもあります。
1914年(大正3年)に創設され、1945年(昭和20年)に戦災により屋根や内装が
消失してしまいましたが、その後復興し、建築家である辰野金吾氏らが設計した
赤レンガ造りの丸の内口駅舎は、2003年(平成15年)国の重要文化財に指定され、
2014年(平成26年)には開業100周年を迎えました。


会場:蘭免んビル


東京駅丸の内駅舎



お足元の悪い中、ご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
今後ともワイズグループを宜しくお願いいたします。

※ワイズ公共データシステム・ワイズでは、建設業関連の勉強会のお手伝いを
全国で実施しております。ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先 : mail:info@wise-pds.jp 、TEL:026-232-1145 (担当:山浦)

戻る